熊本で馬刺三昧

熊本滞在2日目も馬刺。

初日に行った菅乃屋レストランではおろしにんにくがついてなかったのですが、ここでは生姜とねぎだけでなく、ちゃんとおろしにんにくもついてました。

やっぱり馬刺にはにんにくです。

おろし生姜だと肉が生姜味になってしまうのがもったいないです。にんにくは肉の甘みを引き出してくれます。

ということで、私は断然おろしにんにく派です。

馬刺

この日初めて食べた「馬ヒモ」。
普通は焼いたものを食べるらしく、生の馬ヒモというのは珍しいそうです。

熊本に何十年も暮らしている友達でさえも生は初めてということで、あまりのおいしさに何度も何度もおかわりを注文。


菅乃屋のサイトによると、


アバラの骨と骨の間のお肉です。 多少スジが多く、刺身には向きませんが、焼肉・馬串にすれば最高です。 塩・こしょうで食べるのがおすすめです。 バラの部分なので肉の甘味があるのが特徴です。


とのことですが、この日のお店で出された馬ヒモ生は全くスジがなくて絶品でした♪

食べたお店は憲晴百(けんはっぴゃく
憲晴百

次に帰省した時にはまた、憲晴百の「馬ヒモ」を食べたいっ!