2015/1/3

◯◯さん、こんにちは。堀 紀久美です。

新年あけましておめでとうございます。
2015年のお正月、どのようにお過ごしてしょうか。

豪華なごちそうを囲んでお酒を飲んでにぎやかにおしゃべり。お正月ならではの光景ですね。

この時期はだらだらと長時間食べ続けることになってしまうので、消化器系はてんてこまい。なので、せめて胃腸の負担を減らしてあげるつもりで「1口30回以上噛む」を意識してみましょう。

「完全に咀嚼し終わるまで飲み込まない」と意識してから食事をすると、普段どれだけ噛まずに飲み込んでいたかがわかってびっくりすると思います。

ただ、お箸をずっと持ったままだと完全に咀嚼する前に次の食べ物を口に入れたり別のおかずを食べるために早く飲み込んだりしてしまいます。

なので、一口分の食べ物を口に入れたらそれをすべて噛み終わるまで

お箸をいったんテーブルに置く!

ということを是非やってみてください。

お箸を置くだけで全然違ってきます。これは別名「箸置きダイエット」とも言われています。

30回以上噛むと食材がドロドロになって物理的に細かくなった状態で胃に届くというだけでなく、唾液の質も消化に適したいい状態の唾液になって細かくなった食材と共に消化器に運ばれることになります。(ネバネバ唾液とサラサラ唾液の話を別の日にお送りします。)

たくさん噛むことで消化器への負担が減り、活性酸素の除去もでき、自律神経のバランスも整い、小顔にもなり、脳への刺激でボケ防止にもなる。一石三鳥どころではないですね。

それ以上にうれしいのは食べる総量が減ってダイエット効果も絶大という点です。

と思っているなら(思っていなくても)、是非、箸置きダイエットをやってみてくださいね。

美味しそうな食べ物を目の前にするときちんと噛んでから飲み込むことをすっかり忘れてしまうのですが、お金をかけずに健康になれてダイエットにもなるこの方法を思い出して、是非是非、試してみてください。


■ 編集後記


熊本生まれ&熊本育ちの私は馬刺が大好きなので、お正月にはいつも母が馬肉専門店から馬刺を送ってくれます。

おろし生姜ではなくおろしニンニクをお醤油にまぜたものにつけて食べるのがイチオシの食べ方です。肉の甘みがひきたってとてもおいしいです。

一味+お醤油も意外とおいしい組み合わせなので、次の日を気にしてニンニクを避けたい時は一味や七味をたっぷりお醤油に入れたものに馬肉をつけていただきます。白ワインとよく合います。

今年は息子と初めてお酒を飲み交わした幸せなお正月でした。(もうちょっとで20歳)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です